FC2ブログ
婚外恋愛の二人の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
距離と約束
彼と同じ車を見ると、どんな人が乗ってるのかと見てしまう。

そんな話をしたことがあった。


急に電話中に、
「よく車見るって言うけどさー、
俺なんかいっぱい見るよー!
いないって分かってるのにさー、ナンバー見ちゃうんだ

ちょっと怒り口調が可笑しくて(*^_^*)

どうやら私の車の方がたくさん走ってるから、
私よりドキッとする機会が多いと訴えたいらしい。


こういう会話に慣れてしまわないように、
いられたらいいな。

約束のような、あなたが不意に言った言葉も
私にとってはそう思ってくれたその時の気持ちをただ嬉しいと思える。


「一緒に観に行こうか。」と言った映画も終わってしまった。
でもいつか違う映画を見に行ける気がするからいいんだ。


「えっちな写真じゃなくて、今度キレイにちゃんと撮ろうか?」

それも近いうちに叶えられることはないと思う。

とにかく時間が足りないから。
もうすぐ会えるけれど、二人で過ごせる時間なんて僅かで
やっぱりこういう時は距離が本当に恨めしく思うんだ。


せめて、ちゃんと抱きしめていっぱいキスしてね

嗚呼!生理も恨めしい!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

バイブデビュー
深夜、彼と長電話中、

 
「口寂しい
今ここにいたら絶対口に入れてるのに

 
私がそう言うと彼は嬉しそうに、
「じゃあ電話でエッチしよう。置いてったオモチャどこにある?」と誘います。

 
彼が前に置いて行ったきりの、
まだ新品のバイブを私はしまったままにしていました。

「そうでも言ってもらわないと、きっかけがないわ。
こういうのって最初から電池入ってるの?」

箱を開ける。

「わ~電池入ってる
「電池入れて動くかどうかスイッチ入れてみて?」

全体を包んであるフィルムを剥がし、その言葉に従って電池を入れてみる。

 
 
動かない。

 
もう一度。

 
 
動かない。

 
「壊れてるんじゃない?」軽く振ってみると

 
「あ、動いたキラキラ

初めて見る。

「こういう風に動くんだねー。調節とかできるのー?」

キャーキャー騒ぐ私に彼が言う。

 
「じゃ、脚開いて下着の上から押しつけてごらん。」

 
ためらいませんでした。
初めて握った振動するそれを、自ら押しあててみます。

 
 
「イ・・ヤ・・・これすごい・・・・・あ・・!」

 
思わず声がでる。

 
「あ~いい声。
それ置いてきてよかった~にっこり

心の底から言ってるみたいでした。

 
しばらく探りながら遊んでみたりして。

 
 
気持ちいい…。

私の声に反応して、彼も気持ちよさそうな声を漏らしています。

彼は私のこんな姿を想像しながら自慰に更けっているのだろうかと想像すると、
快感がより増してきます。

 
 
「…これ…入れたい」

彼におねだりしてるみたい。

 
 
「だめ。俺が最初に入れるの絵文字名を入力してください

 
意地悪も少しはあるかもしれないけど、
自分が最初にオモチャで犯したいと
たぶん彼は純粋に思っていたんだとその時感じました。

 
私は彼がいつもするように下着をずらして入れたい衝動を抑え、
「じゃあ○○のが入ってるの想像する!」
とバイブをいろんなところへあててみました。

 
「もうイきたい!」

私の声とシンクロしている彼の声を頼りに、
タイミングを合わせて。。。

 
 
 
 
あ~ぁ、バイブデビューしちゃったハート






























1日2回目エッチ
SAYAが襲ってしまいましたjumee☆shy2
朝2時間以上もしたのにね。


だって、この夜あなたは帰ってしまう。

しばらく口寂しくなってしまうから、
くわえておきたかったんだもん



まだ癒やし系のキミ

ほら、今だから
根元までくわえると唇が付け根に届くよ。

DSCF2014.jpg


ちょっと大っきくなった

DSCF2017.jpg

DSCF2027.jpg


デートに着ていこうと思ってた服は、
ストッキングのリクエストで急遽変更。

下着と服の色が合ってないから、
実はこの写真は不満です


「口でイッていいよLOVE」って言ったのに、
 
「いや、入れる。」って。
 
 
ふぅ~~ん。
この時あなたは何を考えてたのかな?
 

DSCF2035.jpg

DSCF2040.jpg

DSCF2045.jpg


なんでこんなに気持ちいいんだろう?

いっぱいしたばっかりなのに。
朝とは違って、少し乱暴に扱われているのに。

DSCF2048.jpg

DSCF2052.jpg
































続早朝エッチ
朝の光が強くなる。

DSCF4305.jpg


あなたを感じながら
少しずつ意識が冴えていく。



「正常位で……して


あなたは微笑んで何も言わずに応えてくれる。

夜のいつものあなたは
Sっぽく、私のおねだりをすんなり聞いてくれることはあまりないのに、
やっぱり寝起きだからかな?

そんなのもたまにはイイよね


DSCF4310.jpg

DSCF4319.jpg

DSCF4323.jpg

DSCF4330.jpg

DSCF4335.jpg

DSCF4337.jpg


やっぱり最後は、あなたのしたいように桜 

DSCF4340.jpg

 
早朝エッチ
二人で過ごせる休日の朝。


いつもの時間に目が覚めてトイレに立ち、
彼が寝ている布団にもぐりこむ。


彼が左手で抱き寄せてくれる。
まだ7時前。起こしてしまったみたい。

私はその腕の中で
もう一眠りしようと幸せの時間に包まれていました。



・・・のはずでした

彼の手が下着の中に滑り込み、
慣れた指で私を刺激し始めます。

それならばと私もスウェットの上から触ります。

いつもならすぐにスイッチが入る私ですが、
低血圧には勝てず、なかなかエッチモードに入りません。


それに業を煮やしたのか、
私の手首を掴んで自分の下着の中に入れ
直に触らせる彼。

そのまま私の服をまくり上げ、
乳首を口に含みました。


もう。。だめ

相変わらず意識はボーっとしたままですが
完全にエロスイッチON。

すっかりくわえたくなった私は
彼のトランクスを下ろしてお口の中へ。


DSCF4264.jpg

DSCF4272.jpg

DSCF4276.jpg

DSCF4279.jpg

DSCF4282.jpg

DSCF4287.jpg


喘いでる SAYA。

撮られてるのも気づかないくらい、朝から陶酔してました

DSCF4302.jpg
何プレイ?
つづき。
翌日も普通に仕事なのにエッチをやめない。
 
 
後ろから突かれる音が余計に私を興奮させる。
 

DSCF4243.jpg


そんなに引っ張ったら色んなトコロに食い込んじゃうよ


DSCF4254.jpg

 
 
肌の色の違いが、いやらしくて好きうふ
 
夜中2時
口の中が気持ちよくて、いつまでもしゃぶる。
 
くわえるの、好きじゃなかったなんて自分でも嘘みたい。


DSCF4193.jpg


DSCF4201.jpg


「もう入れたい。」とあなたが言う。
 
DSCF4203.jpg



「これだけしゃぶってたら、もう触らなくても入るだろう?」



私の体は舐めただけでも
いつの間にか濡れる体になっていた。


「自分で触ってごらん?」


Tバックの紐まで、
グッショリと濡れていた。



「いきなり入れるよ。」


最初からバックで、
彼に指一本触れられることなく突っ込まれる。


挿入するときはいつも、下から突き上げる快感に背中が仰け反る。
電気がはしるみたい。

どんなに我慢しようと思っても、声がでちゃうんだ。


快感と安堵。

はーとおかえりはーと
 
あなたが納まるべき場所に、帰ってきたの。

DSCF4213.jpg


何度もイク。
 
 
頭がおかしくなるよ。
 
腕にしがみつく。
掴んでいないと、まるで自分の体がどこかに行ってしまいそうなんだもの。

DSCF4216.jpg


DSCF4220.jpg


DSCF4224.jpg


DSCF4227.jpg


DSCF4240.jpg
フェラフェラフェラ
夜中に到着したあなた。

眠くて何もしないはずだったのに、
あなたの指が乳首を触り始める。
私の手はあなたの膨らみへ。

服の上から指でなぞる。

眠くて頭がだんだん働かなくなってきながら、
くわえたくなる衝動を抑えられない。

それを見透かしているかのように、
あなたは私に腕枕をしたまま、覆いかぶさるように優しくキスをする。

自分が大切に扱われているようで、キュンとしたんだ。

DSCF4161.jpg

DSCF4166.jpg

DSCF4169.jpg


どんな舐め方がスキ?

DSCF4172.jpg

DSCF4177.jpg

DSCF4182.jpg

DSCF4185.jpg

DSCF4186.jpg

DSCF4187.jpg

DSCF4188.jpg
いっぱいしました
朝からエッチがメインの一日でした。

二人共仕事の日より早く目が覚めて、まだ頭が覚醒しないうちにエッチを始めてしまいました。


どちらからともなく…
 

気づけば二時間以上つながっていました。
長い幸せな時間。

 
あなたは夜に帰ってしまうから、夕方にもう一度愛し合いました。


 
まだ、私の中に
あなたが入っていた感触が確かに残っています。

しばらく会えない間、
この余韻がずっと消えなければいいのに。
 
Copyright © 2017 婚外恋愛. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。